2021年03月01日

【JUNK_AUDIO】¥500-の ONKYO MDデッキMD-110M修理

ハードオフで、ジャンク品のMDデッキを買ってきました。

ONKYOの、MD-110Mと云うデッキで、ディスクが吸い込まれないということで、価格は税込み¥550-でした。

P2090318.jpg

MD全盛の頃(?)に録り溜めたディスクが今だにあり、久しぶりに聴きたいと思うことがたまにあり、MDデッキちょっと欲しいと思っていたので買ってみました。

とりあえず、通電するかの確認をします。
P2280323.jpg
コンセントを差して電源SWを押すと、このようにしっかりと、ディスプレイ表示し、通電はするようです。
でも、この状態での動作確認はやめとこうと思います。ディスクを挿入すると、取り出すのに苦労しそうなので。

で、上蓋を開ける。

P2090312.jpg
全体的に、すんごいホコリ。。
とりあえず、全体的にエアダスタースプレーを吹いて埃を飛ばす。

P2260313.jpg

手前中央にディスクドライブの機構ユニットがあり、その右の緑の基板がデジタル処理部分、後ろの茶色の基板がアナログ部分と電源回路っぽいです。

ディスクが吸い込まれない症状なので、ディスクドライブの機構ユニットが怪しそうです。

P2090317.jpg

機構上面に、プーリーとゴムベルトが見えます。ゴムベルトの張り具合を見てみます。

P2090316_2.jpg
・・・と思ってピンセットで触ってみると、なななんと劣化してネチョネチョになっています。。

と云うことで、ゴムベルトを交換します。

ディスクドライブユニットを取り外したほうが、交換し易そうなので、取り外します。

P2130324_2.jpg
ディスクドライブユニットから出ている2本のフラットケーブルを抜きます。
コネクタ両サイドの白い部分をピンセットなどで赤矢印の方向に引き、ロックを解除してから、フラットケーブルを引き抜きます。
青矢印のコネクタも引き抜きます。これはそのまま引き抜けます。

P2260316.jpg
青矢印4か所のネジを外せば、
P2130331.jpg
ユニットを取り外せます。

 さて、付いているベルトを取り外すのですが、ベルトがネチョネチョになってプーリーに貼りついているので、ベルトを取るのにちょっと苦労しました。
プーリーの溝に付いたゴムを爪楊枝で掻き取り、その後アルコールを染み込ませた綿棒で拭き取り、なんとか取り除く。

P2190360.jpg
新しいゴムベルト。以前買っていた、各サイズのゴムベルトから、合いそうなものを選んで取り付けました。

P2280327.jpg
上面の穴からプーリーにベルトを引っ掛ける。

P2280333.jpg
で、交換完了。位置的に作業し易い場所でよかった。
・・・プーリーが黒く汚れてしまったが。

あと、軸受けを中心に、グリスアップ。

P2190361.jpg
タミヤのセラミックグリスを塗布しておきました。


P2130335.jpg
ディスク挿入口からピックアップレンズを見ると、これまた凄い埃!!
レンズクリーニング液を染み込ませた綿棒で掃除。
下に見えている基板にも埃が積もっている。。。なんてぇホコリだ。。またまたエアダスタースプレーで飛ばす。

ドライブユニットを元に戻し、作業完了!!です。

P2130356.jpg
電源を入れて、ディスクを入れる。
無事に吸い込まれ・・・

P2130357.jpg
ディスク認識。

P2130358.jpg
無事再生し、ディスク排出もできました。

しっかり使えるようになったようです。

たまに聴きたいと思っていたMDが聴けるようになったのでよかった!!

posted by うえいど at 23:01| Comment(0) | ジャンク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

小さな抽斗をつくる。@(始まり)

この間、探し物をしていて、面白いものを見つけました。

バーズアイの杢の入った、メープルの切れ端3個です。(約14cm x 7cm x 厚み1.5cm)

P1090753.jpg

所々、何故か緑色っぽくなっていて、いい雰囲気出しています。
(コレを探していたわけではないのですが)

3枚の切れ端を眺めていて、コレを前板にして、小さな抽斗をつくろう!!と思い立つ。

更に、胴の部分を作るのにいい材料は無いかとあちこちをゴソゴソ・・・
結局、無かった。。
ので、、、
P1090749 2.jpg
手頃な板を購入しました。タモの板です。

先ずは、胴部分(本体)を作ろうと思います。

P1090752.jpg
↑とりあえず、購入した板を使うサイズに大まかにカット。左半分の板は、更に半分に切って、上下板に、右半分の板も、更に半分に切って、左右の側板に使います。

厚みが30oもあり、このままでは厚過ぎるので、電カンナで厚みを落とし、(もったいないけど・・・)
鉋を掛けました。
P1130761.jpg

出来上がった2枚の板を半分に切り、胴部分(本体)を作る板が4枚出来ました。
P1230317.jpg

今回は、この辺で。

次の加工は、4枚を組むための仕口を作ります。

どんな抽斗が出来上がりましょうかな〜



posted by うえいど at 21:25| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

シタデルコントラストカラーで木に塗り絵をする。

木の板に着色して、キーホルダーを作ってみました。

P1040306.jpg
なんとなくサーフボード型(?)にして、夕刻の海っぽい絵にしてみました。
(何せ寒いのが苦手なので、早く暖かく・・・と云う願いを込めて)

ここからは作製工程です。
材料は、薄い栃の木。鉋で厚みを3mm程度に削り、サーフボード型(?)に糸のこ盤でカット。
周囲を面取りし、サンドペーパー(#240→#320)を掛け、材料の加工は完了です。
PB080223.jpg
向かって右側に少しリップル杢があり、これを残して、字のごとく波っぽい感じにしたいので、薄い着色で絵を描きたいのですが。。。

使えそうな塗料は無いものか・・・と、少し悩む。

最近知った、筆塗りペインターせなすけ氏のYOUTUBEチャンネルを見ていて、
「シタデルコントラストカラー」が使えそうだ!!と思い立ちました。
↑ プラモデルや模型などの塗装技術が凄いです。塗装する方法を動画の中で解説しておられ、見ていて面白いチャンネルと思います。
 (せなすけ氏の廻し者ではありませんが)

で、「シタデルコントラストカラー」をアマゾンで購入。
正式な色名は分からないのだが、青、緑、赤、黄、白、黒(っぽい色)の6色。
P1030301.jpg

早速塗りマス!
PC280234.jpg
背景を塗ったところ。
元々、けっこうシャバシャバな塗料なのですが、木に元々ある杢を消したくないので更に水でけっこう薄めました。

PC310249.jpg
島、ヤシの木、イルカを黒で入れました。

PC310267.jpg
リングを入れるための穴を開け、全体に水性ニスを上塗りし、一応完成。
リップル杢のところも色に濃淡が出て、イイ感じになった。

P1040299.jpg
リングを付けて、完成!!
いい感じかな?








posted by うえいど at 20:51| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

冬のスズメ

雪の中、雨どいに留まるスズメを見つけました。

PC310242 -2.jpg

PC310248 -2.jpg

チョッとシブい。

posted by うえいど at 13:28| Comment(0) | つぶやき、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

タマゴスツール再び (4)

前回で組み立てが出来上がった「タマゴスツール」。

塗装を、しました!!

今回、使った塗料は??

DSC_0084.jpg

Capital Paintの、「NA-6オリオ2」です。

雰囲気的にはオイルフィニッシュのような仕上がりですが、オイルフィニッシュの欠点、付着した水などを放っておいた時に出来る跡が出来ない!!塗料です。

塗装は、「A液」「B液」「希釈剤」を決められた分量で混ぜ合わせ、あとは、普通のオイルフィニッシュのよう塗っていきます。
(塗り方ここで少し説明していますので、少し気になった方はご覧ください。→「ローテーブル作りました。」)


PC190744.jpg
PC190742.jpg
↑塗装前の図です。

PC190747.jpg
1回塗り後の様子。
・・・イイ感じ。

PC260751.jpg
1晩(以上)置いておき、2回塗りをして、完成です。

PC260749.jpg
木目が綺麗に出て、イイ感じに仕上がりました。

タマゴ形の他にも、いろんな形で座面を作ると、面白そうですね

ではでは皆さん。来年、読んで下さっている皆さんにとって、いい1年でありますように〜




posted by うえいど at 21:02| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする