2022年09月02日

【JUNK AUDIO】トリオチューナー“KT3300”にヘッドホンアンプを組み込む。(3)

今回は作製したヘッドホンアンプをKT3300に組み込むための、工作編です。

ヘッドホンジャック、音量調節用のVRの取り付けと、電源回路を考えたいと思います。

まずは、電源の確保ですが、

内蔵の電源トランスは、チューナー回路用に12V程度と、照明の電球用に7V程度の出力があるようです。

P6030389 (2).jpg

電流容量はよく分かりませんが、12Vのほうは、用途的に推測して、それほど容量がとれるとは思えません。
7Vのほうは、照明の電球を照らす程なので、まあまあ電流がとれるのではないかと思います。

そこで、7V巻線から、電源を取ろうと思います。ただ、照明が電球のままだと、電流不足になりそうなので、照明は電球からLEDに変更しようと思います。

方向性が決まったところで、工作をします。

P6240388.jpg
正面パネルに、穴あけ加工しました。

左下、電源スイッチの右、元々ステレオランプが付いていた穴をΦ6.5mmのヘッドホンジャック用に大きくし、その右のチューニングメーター用の角穴の更に右に、音量調節用のVRを取り付ける穴を開けました。

・・・もう、後には戻れません。

P6300397.jpg
内パネルにも穴を開け、ヘッドホンジャックをVRを取り付け。

ヘッドホンジャックの取り付けは少し難儀しました。内パネルにそのまま取り付けられるかと思っていましたが、
正面(化粧)パネルを取り付けるとジャックの位置が奥まってしまいます。

P6240390.jpg

P6300393.jpg
ジャックが内パネルから完全に出るように内パネルの穴を広げて、
P6300394.jpg
ジャックを取り付けるプレートを作り、
P7090411.jpg
取り付けました。


P7090429.jpg
取り付いた、ヘッドホンジャック。
見た目メーカー製と何の遜色もなく・・・かどうかは分かりませんけど、イイ感じに取り付いたと思います。


P7090413.jpg

ヘッドホンアンプ回路用に、6Vの電源回路を組みました。
照明の配線を取り外し、電源トランスの7V巻線(青線)を作製した電源回路に接続しています。
pow_part.jpg
回路はこんな感じ。
3端子レギュレータの7806を使った、簡単なものです。


さて、続きは次回で、

では、また。



posted by うえいど at 21:59| Comment(0) | ジャンク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月23日

【JUNK AUDIO】トリオチューナー”KT3300”にヘッドホンアンプを組み込む。(2)

トリオチューナー”KT3300”にヘッドホンアンプを組み込むプロジェクト。

今回は、ヘッドホンアンプの検討、作製編です。

ヘッドホンアンプの回路から示すと、こんな感じ。

headphoneAmp_1-1.jpg
初段にJ-FETの2SK246(GR)を使って、出力段にMOSFETの2SK2013、2SJ313のペアを使った、3石構成です。
電源電圧は6Vです。

初段2SK246のソース抵抗は、ドレイン電流がIDSSの半分位になるような値に設定。
R102(Rs)は390Ωとしました。
2SK246ID.jpg
負荷抵抗は、電源電圧を二分するような値にします。
R101(Rd)は1.2kΩとしました。

2SK2013/2SJ313のアイドリング時のドレイン電流は、50mAとしました。
↓の図のような実験を行い、2SK2013のドレイン電流が50mA程度になる、ゲート電圧を調べます。
2SK2013_ID-VG_ex.JPG
(実験では、約2.3V)

R105〜R108で、2SK2013、2SJ313のゲート電圧を決定します。

2SK2013側だけで考えると、2SK2013と2SJ313のドレイン中点の電圧を電源電圧の半分、3Vとして、R107を700Ω、R108を2.3kΩとすると、ゲートに約2.3Vを与えられます。
2SK2013_BIAS.jpg

実際には、R105と108を2.2kΩ、R106と107を680Ωとしました。

P7230408.jpg
ユニバーサル基板に回路を組みました。

実際の試聴も意外とイイ音で鳴って、イイ感じです。

トランジスタの放熱も、この程度ならヒートシンクなしで、裸の状態(?)でも大丈夫なようです。

さて、次回は、KT-3300に組み込みたいと思います。

では、また。


posted by うえいど at 22:32| Comment(0) | ジャンク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月11日

【JUNK AUDIO】トリオ チューナー ”KT-3300” にヘッドホンアンプを組み込む。(1)

トリオのチューナー、「KT-3300」です。

かなり前に、中古ショップで、タダでもらったものなのですけど。

P6030378.jpg
必要なもの以外全て排したって感じのシンプルなデザインですね。

十数年、電源入れてなくて、ほんとに久しぶりに、電源入れたのですけど、
DSC_0307.jpg
FM Stereoランプも点いて、ちゃんと鳴りました。
・・・チューニングメーターが振らないんですけど。

で、このチューナーにヘッドホンアンプを組み込もう企てている、ここ最近です。

P6030389.jpg
↑上蓋を取ったところ。

中はけっこうガランとしています。
トランジスタ多用の基板かと思っていましたが、ICでまとまっています。

FMはHA1137とHA1156で組まれ、AMはHA1151で組まれているようです

DSC_031122.jpg
↑チューニングメーターが振らないのは、線が切れているのが原因でした。

ヘッドホンアンプを組み込むため、ヘッドホンジャックと、音量調整用のボリュームを取り付けるのですが、

P6030376.jpg
FM Stereoランプが付いている所にヘッドホンジャック、メーターを挟んで、メーターとチューニングダイアルの間に音量ボリュームを付けようと思います。

そこで今回は、FM Stereoランプを別のところに移設しようと思います。

で、どこに移設するかと言うと、ダイアル表示窓の中に入れようと思います。


P6030392.jpg
正面パネルを取り外して、、、

P6030394.jpg
表示窓、ガラス製かと思いきや、アクリル板でした。

P6030397.jpg
表示窓内部の壁に穴を開けて、

P6030398.jpg
ランプは、ブラケット付きLED(黄)にしました。

P6030400.jpg

P6030402.jpg

P6110376.jpg
取り付きました。
元々からLEDが使われていたので、電流制限抵抗の追加もなく、そのまま付きました。

P6030410.jpg
正面パネルを仮で元に戻し、こんな感じ。
イイ感じです。

さて、次回は・・・ヘッドホンアンプの作製をしようと思います。

では、また。
posted by うえいど at 21:06| Comment(0) | ジャンク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

【JUNK_AUDIO】¥500-の ONKYO MDデッキMD-110M修理

ハードオフで、ジャンク品のMDデッキを買ってきました。

ONKYOの、MD-110Mと云うデッキで、ディスクが吸い込まれないということで、価格は税込み¥550-でした。

P2090318.jpg

MD全盛の頃(?)に録り溜めたディスクが今だにあり、久しぶりに聴きたいと思うことがたまにあり、MDデッキちょっと欲しいと思っていたので買ってみました。

とりあえず、通電するかの確認をします。
P2280323.jpg
コンセントを差して電源SWを押すと、このようにしっかりと、ディスプレイ表示し、通電はするようです。
でも、この状態での動作確認はやめとこうと思います。ディスクを挿入すると、取り出すのに苦労しそうなので。

で、上蓋を開ける。

P2090312.jpg
全体的に、すんごいホコリ。。
とりあえず、全体的にエアダスタースプレーを吹いて埃を飛ばす。

P2260313.jpg

手前中央にディスクドライブの機構ユニットがあり、その右の緑の基板がデジタル処理部分、後ろの茶色の基板がアナログ部分と電源回路っぽいです。

ディスクが吸い込まれない症状なので、ディスクドライブの機構ユニットが怪しそうです。

P2090317.jpg

機構上面に、プーリーとゴムベルトが見えます。ゴムベルトの張り具合を見てみます。

P2090316_2.jpg
・・・と思ってピンセットで触ってみると、なななんと劣化してネチョネチョになっています。。

と云うことで、ゴムベルトを交換します。

ディスクドライブユニットを取り外したほうが、交換し易そうなので、取り外します。

P2130324_2.jpg
ディスクドライブユニットから出ている2本のフラットケーブルを抜きます。
コネクタ両サイドの白い部分をピンセットなどで赤矢印の方向に引き、ロックを解除してから、フラットケーブルを引き抜きます。
青矢印のコネクタも引き抜きます。これはそのまま引き抜けます。

P2260316.jpg
青矢印4か所のネジを外せば、
P2130331.jpg
ユニットを取り外せます。

 さて、付いているベルトを取り外すのですが、ベルトがネチョネチョになってプーリーに貼りついているので、ベルトを取るのにちょっと苦労しました。
プーリーの溝に付いたゴムを爪楊枝で掻き取り、その後アルコールを染み込ませた綿棒で拭き取り、なんとか取り除く。

P2190360.jpg
新しいゴムベルト。以前買っていた、各サイズのゴムベルトから、合いそうなものを選んで取り付けました。

P2280327.jpg
上面の穴からプーリーにベルトを引っ掛ける。

P2280333.jpg
で、交換完了。位置的に作業し易い場所でよかった。
・・・プーリーが黒く汚れてしまったが。

あと、軸受けを中心に、グリスアップ。

P2190361.jpg
タミヤのセラミックグリスを塗布しておきました。


P2130335.jpg
ディスク挿入口からピックアップレンズを見ると、これまた凄い埃!!
レンズクリーニング液を染み込ませた綿棒で掃除。
下に見えている基板にも埃が積もっている。。。なんてぇホコリだ。。またまたエアダスタースプレーで飛ばす。

ドライブユニットを元に戻し、作業完了!!です。

P2130356.jpg
電源を入れて、ディスクを入れる。
無事に吸い込まれ・・・

P2130357.jpg
ディスク認識。

P2130358.jpg
無事再生し、ディスク排出もできました。

しっかり使えるようになったようです。

たまに聴きたいと思っていたMDが聴けるようになったのでよかった!!

posted by うえいど at 23:01| Comment(0) | ジャンク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。