2019年12月17日

スピーカキャビネット作り直し。の続き。


今回は、前面に取り付けるネットを作ってみました。

古臭い感を醸しつつ仕上げたつもりです・・・
PC1501922.jpg

何とはなし、木を格子状に組んだように見えませんか?
(見えるということにしといて下さいな💦 )

実は、板に穴を開けているだけなのです。
丸い穴を4個つなげて4つ葉形(?)の穴にして、それを互い違いに配置しています。
PC170187.jpg

材料は、そこら辺にあったラワンのベニヤ板、格子の奥のネットは、かなり前に買ったものの余り、仕上げに使った塗料もかなり前から置いてあったものと、余り物だけで作ってみました。
DSC_0053.jpg
使った塗料は匠の塗油彩速シリーズの玄色(くろいろ)です。
この塗料、ラワン材によく合いますね。今回最大の発見かも?

PC150199.jpg

ちなみに開けた穴の数は・・・
片側で136個、両側で272個でした。。。我ながらよく開けたものだよ。


posted by うえいど at 22:42| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

ケヤキで作っているものは・・・

早くも夏日が続く今日此の頃。
日々の不摂生か、体がついていかない私がここにいます(^-^;

さて、ちょっと前から、時間が空けばケヤキと向かい合っています。

で作っているものは・・・

「手提げ金庫風、物入れ」、なるものです。

以前テレビで、開かずの金庫開けます、みたいな番組を見ていて、その中で、古い手提げ金庫が出てきて、
カッコイイ、作りたい、、と思ったのでした。

20190512_143525508.jpg

20190512_143700019.jpg

・・ほぼ、完成しています。

あとは仕上げの塗装と云ったところです。

しかし、失敗もありました。

20190317_171831493.jpg
箱状のものを作って、前面になる板に蓋をロックするための錠前を仕込むための穴を開けた時の時。。。
20190430_171921994.jpg
穴の位置を何故か間違えた。
きっとぼ〜っとしていたのでしょう。。
く〜。。。泣く泣くこの板だけ新しい材料で作り直しました。。。

何はともあれ、あともう少しで完成。ちょっと楽しみ〜


posted by うえいど at 21:50| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

ツボミの時期

近所の梅。

DSC_0051 -2.jpg

まだほぼツボミですが、よく見ると咲いているところもあります。
まだ寒い日々ですけど、だんだん暖かくなっているんですね〜。


さて、久しぶりの感覚です。ケヤキの香りに包まれています。
ホントに久しぶりに、木材をいじっています。

DSC_0054.jpg

2枚の板に、鉋を通しました。
何を作っているかは、また後程。

(BGM:ICICLES by badfinger)



posted by うえいど at 22:17| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

タマゴスツール

すっかり秋めいてまいりました。

最近の作製はと云うと、、、

“タマゴスツール”なるものを作製中です。
何が“タマゴ”かと云うと座面が卵形の腰掛けです。

P9160557_2.jpg

思い付きで、図面なども描かずに作ってしまいました。

座面は栗、脚はタモを使いました。

あとは、塗装を待つだけです。

そう云えば、NHKのロゴも卵形でしたっけか?





posted by うえいど at 22:32| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

真空管ディスプレイスタンド

久しぶりに、木材を加工しました。
“真空管ディスプレイスタンド”なるものを作ってみました。
・・・これが正式な名称か分かりませんけど・・・
要するに、真空管を立てて飾っておける台です。

P5210530.jpg

↑最近買った、“6SN7”をセットしているところです。

で、作り方は至って簡単。
GT-s_stand.jpg
適当な材料に、3段階に穴を開けるだけです。

まず、ベース部のガイドになるφ32.5oの穴を約4o開ける。
次にそこから約13oの深さで、φ25oの穴を開ける。・・・端子の逃がしです。
次にそこから、ガイドの逃がしのために、φ10oの穴を約5o開ける。
で、小さめのGT管がセットできる穴が1か所出来上がりです。
(大き目のGT管、ST管の場合は、ガイドになる穴の径を変更する必要があります。)

穴開け作業よりも、ムズイのは穴の径調整でした。
φ10oと、25oはキリがいい径なので、ドリル、フォスナービットなどが市販されています。
さらにこの2個の穴は、端子とガイドが逃がせればいいので、必ずこの径にしなくては・・ということでもないのです。
でも、ベース部のガイドになるφ32.5oの穴は、小さいと入らないし、大きいとガイドにならず、見た目も良くなくなります。

私が使ったのは、神沢鉄工のパワーピットと云う、切削径が調整できるドリルビットです。
何回か試し開けをして、径を調整した後、本番としました。

P5210528.jpg

↑そこら辺にあった、タモの端材を使いました。
2X4材でもできそうですね。
でも需要は少なそ。。。
posted by うえいど at 23:14| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする