2021年05月24日

小さな抽斗をつくる。(脚を作る)

こんにちは。今年は季節の巡りが早いようで、梅雨入りも早かったですね。
開けるのも早いのでしょうか。

さて、作製中の小抽斗の話です。

前回で、引き出し部分が出来上がったので、今回から、脚部分の加工、組み立てをします。

以前、掲載した完成予想図では、台輪の上に引き出しを載せただけという構想でした。

IMG_1.jpg
↑こんな感じ。

これもいいのですが、今回はチョッと違う感じにしようと思います。

台輪の四隅に脚を付けて、

IMG_20210515_0003.jpg
↑こんな感じのものを作り、この上に引き出しを載せる構想です。
台輪と脚の接合は、「三方留め嵌め継ぎ」にしようと思います。

まずは、台輪を作ります。

P5030804.jpg
余ったタモの木を使って、

P5030808.jpg
接合に使う実(さね)です。

P5030809.jpg

DSC_02281.jpg
「三方留め嵌め継ぎ」の加工。(台輪側)

P5080753.jpg
台輪を本組みしました。
(目違いは、後で修正します💧)

次は、脚を作ります。
とりあえず、1個作って、様子見ます。

P5080751.jpg
反鉋で曲線を削ります。

P5080755.jpg

P5080756.jpg
「三方留め嵌め継ぎ」の加工。(脚側)

P5080757.jpg
台輪に穴を開ける。

P5080758.jpg
P5080759.jpg
脚を差し込み、様子見。

イイ感じに仕上がったと思います(1個ですけど)

こんな感じであと3個、組んでいきたいと思います。

そろそろ完成も近いな。では、また。


・・・普段乗っている車、185サーフの背面タイヤの裏。
久しぶりに開けてみると、
P5140751.jpg
安全と判断したツバメがいたのでしょうか。・・・巣。


posted by うえいど at 20:31| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: