2021年05月03日

小さな抽斗をつくる。B(本体の本組みと引きだし)

前回、胴部分(本体)の仮組みをして、いい感じでしたので、いよいよ、本組みをします。

その前に、組んだ時、前面になる部分に面取りをしました。
P3200754.jpg
45°の、直線的な面取り。“シンプル&潔さ”です。(よくわからんけど)


P3270743.jpg
接着剤を塗って、本組みです。ハタガネ類総動員(?)で圧着です。

P4240764.jpg
胴部分の完成です。

さて〜。次は、引きだしの部分です。

P4240766.jpg
前板にするバーズアイメープル。サイズを仕上げました。

P5010784.jpg
加工が終わった、前板、向板、側板。

P5010790.jpg
そして、底板。です。

P5010791.jpg
底板の下面に、溝を入れます。
引きだしを引きだしたり、しまったりする時の、空気抜きのための溝です。
引きだしは、前板以外は桐材です。

P5010792.jpg
側板と向板は、5枚組継ぎに。

P5010782.jpg
ハタガネで圧着。この段階では、底板はまだ接着していません。
底板は、前板と側板、向板の接着が出来てから接着します。

P5010799.jpg
こうして出来た、引きだし3個。

P5010802.jpg
P5010801.jpg
胴部分に入れてみる。
なかなかいい感じ。

さて〜。次は、脚を作って、取り付けようと思います。
どういった、脚にしようか。まだ思案中なのですが。

今回は、このあたりで〜。では、また。

P4240758.jpg
P4240755.jpg
今年も咲いた、藤の花。綺麗。

posted by うえいど at 23:30| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: