2013年03月28日

アンティークウォッチのリトルレストアV

 今も無事に動き続けています。

タカノのプレシジョン・スーパー。

毎日、ネジを巻くのが日課のここ最近です[E:happy01]

で、一応復活したことを記念して(?)

ベルトを取り付けました。

・・・取り付けたと云うより、取り換えたと云うべきか?

実はこの時計を見つけた時から、一応ベルトも付いていました。

↓それが、これ。

P3270052

でもなんとなく雰囲気がイマイチ。

なので、こんな感じのベルトに交換しました。

P3130054

金属ベルトより革ベルトの方がなんとなくシックリくるかなと、で、黒や茶色のベルトはけっこうありきたりな感があり、でも落ち着いた感じにしたいな〜と思って、濃い青にしました。

ところで、↓これってなんだか分かります?

P3270053_2

実はこれ、ベルトを取り付けるための軸です。

でも、ただの棒ではありません。なんと、中にバネが入っていて、伸縮するのです!!

ほとんどの腕時計のベルト取り付け軸はこうなっているそうです。

普段使いでは絶対見えないのに、けっこう作りが凝っています。

確かに、取り付けの際は縮ませないと、取り付けられません。正に、“縁の下の便利な奴”(?)です。(なんのこっちゃ)[E:coldsweats01]

ん〜。上等な時計が出来上がりました。生涯の宝のひとつになる予感がします。(大げさな〜)[E:coldsweats01]

posted by うえいど at 00:13| Comment(0) | 古モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: