2021年10月21日

832A PushPull Amp 作製(3)〜シャシ作製。〜

 作製中の832A PushPull Amp。

 今回は、シャシ作製の模様です。

市販のシャシかケースを使おうかとも思いましたが、アルミの板と木の板で作ることにしました。

DSC_0245.jpg
↑天板に使う、アルミ板です。表面ヘアライン仕上げになっています。

P9200756.jpg
↑周囲をアルミのLアングルで囲みました。

P9200757.jpg
↑アルミアングルの周囲を木の板で囲みました。
 (木はヒノキの柾目)

P9200762.jpg
↑裏から見ると、こんな感じ。

PA030757.jpg
↑天板に穴開け加工し、周りの木を接着剤で本組み。接着剤が乾くまで、ハタガネで締めて待ちます。

P9200763.jpg
↑832Aのソケットを取り付ける、プレートを作りました。材質はアルミです。
 832Aはコレを使って、シャシから少し落とし込んで、取り付けます。

P9200341.jpg
↑「染めQサビたまんまで塗れるカラー」で塗装しました。
 ハンマートーンっぽく仕上がるスプレーとのことで、使ってみました。
 ブロンズ色が良かったのですが、品切れだったので、ブラックにしました。
 塗り方がイマイチなのか、もう少し大きな凸凹が出来ればなお良かったのですが、
 これはこれでヨシにしましょ〜
 (塗り方のコツなどあれば、どなたか教えて下さい)

PA150756.jpg
↑木部をニスで仕上げて、パーツ類を取り付け。
 急にアンプっぽくなりましたね。

PA150760.jpg
裏面は、こんな感じ。
裏面は(まだ)ガラ〜ンとしていますが。。

さて、次回は、配線&パーツ取り付けの模様です。

以上、最近急に寒くなって、思わずストーブを出してしまった私でした。

では、また。






posted by うえいど at 22:30| Comment(0) | Electron Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする