2021年03月21日

小さな抽斗をつくる。A(仮組みをする)

かなり久しぶりに、小さな抽斗のことです。

前回は、胴部分(本体部分)を組むための板4枚の切り出し、表面の仕上げをしましたが、

今回は?・・・今回はですね。

4枚を箱型に組むための仕口の加工と、仮組みをして、様子を見るところまで、進めたいと思います。

P1230317.jpg
↑前回、出来た板、4枚です。


IMG_1.jpg
↑一応、完成予想図です。
 胴部分の下に描いている台座はどうしようか、まだ決めていないので、変更するかもですけど。
 引き出しのツマミもまだ決めていませんね〜

さて、胴部分を組みましょう。
組む方法は、天板と側板の継ぎは「隠し蟻形組み継ぎ」、底板と側板の継ぎは「包み打付け継ぎ」にします。

P2130744.jpg

P2260741.jpg
「隠し蟻形組み継ぎ」加工途中の図。


P3050743.jpg
「隠し蟻形組み継ぎ」の加工が終わったところ。い〜感じだと思います。多分。

P3050744.jpg
底板側の、「包み打付け継ぎ」の仕口。
底板と側板は、本組みの時は接着剤と釘の併用にします。

続いて、奥板と、中板を作ります。
P3190752.jpg
中板は厚み6oの桐を使いました。3段の抽斗にするので、2枚作ります。

P3200745.jpg
奥板は5.5oのべニア板にタモの突板を貼り付けました。

P3200746.jpg
P3200750.jpg
側板と天板、底板に奥板と中板を入れるための溝を掘り、

↓仮組みの様子。
P3190754.jpg
P3190755.jpg
P3190758.jpg
チョッと、空いたところがあるような。。。
ハタガネで締めると密着する。と思う。
と云うことで、今回はこの辺りで。

少しずつ過ごしやすくなってきて、うれしいここ最近です。

では、また。


posted by うえいど at 22:22| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

【JUNK_AUDIO】¥500-の ONKYO MDデッキMD-110M修理

ハードオフで、ジャンク品のMDデッキを買ってきました。

ONKYOの、MD-110Mと云うデッキで、ディスクが吸い込まれないということで、価格は税込み¥550-でした。

P2090318.jpg

MD全盛の頃(?)に録り溜めたディスクが今だにあり、久しぶりに聴きたいと思うことがたまにあり、MDデッキちょっと欲しいと思っていたので買ってみました。

とりあえず、通電するかの確認をします。
P2280323.jpg
コンセントを差して電源SWを押すと、このようにしっかりと、ディスプレイ表示し、通電はするようです。
でも、この状態での動作確認はやめとこうと思います。ディスクを挿入すると、取り出すのに苦労しそうなので。

で、上蓋を開ける。

P2090312.jpg
全体的に、すんごいホコリ。。
とりあえず、全体的にエアダスタースプレーを吹いて埃を飛ばす。

P2260313.jpg

手前中央にディスクドライブの機構ユニットがあり、その右の緑の基板がデジタル処理部分、後ろの茶色の基板がアナログ部分と電源回路っぽいです。

ディスクが吸い込まれない症状なので、ディスクドライブの機構ユニットが怪しそうです。

P2090317.jpg

機構上面に、プーリーとゴムベルトが見えます。ゴムベルトの張り具合を見てみます。

P2090316_2.jpg
・・・と思ってピンセットで触ってみると、なななんと劣化してネチョネチョになっています。。

と云うことで、ゴムベルトを交換します。

ディスクドライブユニットを取り外したほうが、交換し易そうなので、取り外します。

P2130324_2.jpg
ディスクドライブユニットから出ている2本のフラットケーブルを抜きます。
コネクタ両サイドの白い部分をピンセットなどで赤矢印の方向に引き、ロックを解除してから、フラットケーブルを引き抜きます。
青矢印のコネクタも引き抜きます。これはそのまま引き抜けます。

P2260316.jpg
青矢印4か所のネジを外せば、
P2130331.jpg
ユニットを取り外せます。

 さて、付いているベルトを取り外すのですが、ベルトがネチョネチョになってプーリーに貼りついているので、ベルトを取るのにちょっと苦労しました。
プーリーの溝に付いたゴムを爪楊枝で掻き取り、その後アルコールを染み込ませた綿棒で拭き取り、なんとか取り除く。

P2190360.jpg
新しいゴムベルト。以前買っていた、各サイズのゴムベルトから、合いそうなものを選んで取り付けました。

P2280327.jpg
上面の穴からプーリーにベルトを引っ掛ける。

P2280333.jpg
で、交換完了。位置的に作業し易い場所でよかった。
・・・プーリーが黒く汚れてしまったが。

あと、軸受けを中心に、グリスアップ。

P2190361.jpg
タミヤのセラミックグリスを塗布しておきました。


P2130335.jpg
ディスク挿入口からピックアップレンズを見ると、これまた凄い埃!!
レンズクリーニング液を染み込ませた綿棒で掃除。
下に見えている基板にも埃が積もっている。。。なんてぇホコリだ。。またまたエアダスタースプレーで飛ばす。

ドライブユニットを元に戻し、作業完了!!です。

P2130356.jpg
電源を入れて、ディスクを入れる。
無事に吸い込まれ・・・

P2130357.jpg
ディスク認識。

P2130358.jpg
無事再生し、ディスク排出もできました。

しっかり使えるようになったようです。

たまに聴きたいと思っていたMDが聴けるようになったのでよかった!!

posted by うえいど at 23:01| Comment(0) | ジャンク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする