2021年01月27日

小さな抽斗をつくる。@(始まり)

この間、探し物をしていて、面白いものを見つけました。

バーズアイの杢の入った、メープルの切れ端3個です。(約14cm x 7cm x 厚み1.5cm)

P1090753.jpg

所々、何故か緑色っぽくなっていて、いい雰囲気出しています。
(コレを探していたわけではないのですが)

3枚の切れ端を眺めていて、コレを前板にして、小さな抽斗をつくろう!!と思い立つ。

更に、胴の部分を作るのにいい材料は無いかとあちこちをゴソゴソ・・・
結局、無かった。。
ので、、、
P1090749 2.jpg
手頃な板を購入しました。タモの板です。

先ずは、胴部分(本体)を作ろうと思います。

P1090752.jpg
↑とりあえず、購入した板を使うサイズに大まかにカット。左半分の板は、更に半分に切って、上下板に、右半分の板も、更に半分に切って、左右の側板に使います。

厚みが30oもあり、このままでは厚過ぎるので、電カンナで厚みを落とし、(もったいないけど・・・)
鉋を掛けました。
P1130761.jpg

出来上がった2枚の板を半分に切り、胴部分(本体)を作る板が4枚出来ました。
P1230317.jpg

今回は、この辺で。

次の加工は、4枚を組むための仕口を作ります。

どんな抽斗が出来上がりましょうかな〜



posted by うえいど at 21:25| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

シタデルコントラストカラーで木に塗り絵をする。

木の板に着色して、キーホルダーを作ってみました。

P1040306.jpg
なんとなくサーフボード型(?)にして、夕刻の海っぽい絵にしてみました。
(何せ寒いのが苦手なので、早く暖かく・・・と云う願いを込めて)

ここからは作製工程です。
材料は、薄い栃の木。鉋で厚みを3mm程度に削り、サーフボード型(?)に糸のこ盤でカット。
周囲を面取りし、サンドペーパー(#240→#320)を掛け、材料の加工は完了です。
PB080223.jpg
向かって右側に少しリップル杢があり、これを残して、字のごとく波っぽい感じにしたいので、薄い着色で絵を描きたいのですが。。。

使えそうな塗料は無いものか・・・と、少し悩む。

最近知った、筆塗りペインターせなすけ氏のYOUTUBEチャンネルを見ていて、
「シタデルコントラストカラー」が使えそうだ!!と思い立ちました。
↑ プラモデルや模型などの塗装技術が凄いです。塗装する方法を動画の中で解説しておられ、見ていて面白いチャンネルと思います。
 (せなすけ氏の廻し者ではありませんが)

で、「シタデルコントラストカラー」をアマゾンで購入。
正式な色名は分からないのだが、青、緑、赤、黄、白、黒(っぽい色)の6色。
P1030301.jpg

早速塗りマス!
PC280234.jpg
背景を塗ったところ。
元々、けっこうシャバシャバな塗料なのですが、木に元々ある杢を消したくないので更に水でけっこう薄めました。

PC310249.jpg
島、ヤシの木、イルカを黒で入れました。

PC310267.jpg
リングを入れるための穴を開け、全体に水性ニスを上塗りし、一応完成。
リップル杢のところも色に濃淡が出て、イイ感じになった。

P1040299.jpg
リングを付けて、完成!!
いい感じかな?








posted by うえいど at 20:51| Comment(0) | Wood Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

冬のスズメ

雪の中、雨どいに留まるスズメを見つけました。

PC310242 -2.jpg

PC310248 -2.jpg

チョッとシブい。

posted by うえいど at 13:28| Comment(0) | つぶやき、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする