2020年02月27日

Panasonicヘッドホン、RP-HTX7を魔改造。好音化にTry

 数年前に買っていた、パナソニックのヘッドホン、RP-HTX7。
P2260679.jpg

レトロな見た目がいい感じと思って買ったのですが、実はあまり使っていない。
と云うのも、音的に低音域に比べて、中音から高音にかけての音域がかなり目立ちすぎ、特に高音はキンキンと突き刺さる音が鳴って聴き心地がイマイチ。
低音に集中して聴くとそれなりに低音も出ていますが、中、高音が目立つので、低音が出ていないような音になる。で、なんだかもったいないな〜と思いながら、あまり使わなくなったのでした。

 で、今回は、このヘッドホンの音を、私なりに改善してみよ〜っという話です。

とりあえず思いついたのは、ハウジング(筐体)が鳴って、キンキン音が出るのでは?という推測です。そこで、ウレタンフォームをハウジングの内側に貼って、ダンピング効果を狙ってみた。
実際の加工はこんな感じ。
P2260680.jpg
先ず、イヤーパッドを取り外す。角状の突起が穴にはまって固定されているだけなので、引っ張れば取れます。

P2270704.jpg
ネジ4本でハウジングとバッフル面が止まっているので、ネジを取り外すと分解できます。

P2260690.jpg
5o厚位のウレタンフォームを貼ってみた。

・・・が、しか〜し、これはあまりご利益なし。音質的に分かる変化がなかった。・・・労力はけっこうかかったのですが。。。
・・・次です、次。

次の案は、ドライバー(スピーカ)から出てくる直接的な音を少し吸音する方法。出てくる音をマイルドな感じにできるのでは?という算段です。

近くのホームセンターを物色。フェルトを購入。
P2270692.jpg
黒色を少々でよかったのですが、5色入りのフェルトセットというのしか無かった。
厚みは1o厚です。

P2270698.jpg
イヤーパッドの内側に、いい感じに挟んで固定出来そうな隙間がありました。
P2270701.jpg
フェルトを適当にカットし、
P2270699.jpg
イヤーパッドの隙間に挟み込んで、
P2280678.jpg
ヘッドホンに固定。ドライバーの直ぐ前に、フェルトを配置した形です。

この状態で聴いた感じは。。 !!これはいい感じに変わりました!高音の突き刺す感じが減少し、少しマイルドな音に。
でも、減少したとは云え、突き刺す感じがまだ残ります。

あと少しで何とかなりそうだ・・・ドライバーからの直接音を、少し遮断すれば、更に良くなるかも知れない。
っと、+@で次の案。

P2270710.jpg
ドライバー前面に、適当に丸く切ったゴムのシートを貼り付けてみた。ゴムシートの厚みは1o厚。
聴いた感じは、またまたいい感じに変化。突き刺す感が更に減少しました。

この後、何回か聴き比べ、この上から適当に切ったフェルトを乗せ、
P2270712.jpg

フェルトを挟み込んだイヤーパッドを取り付けると云う形に収まりました。
見た目もいい感じで実用的なヘッドホンになったと思います。

最後に、今回の工作を図にすると、こんな感じです。
capt.png
このヘッドホンに同じ印象をお持ちの方。一度試しにどうですか〜。。

posted by うえいど at 23:37| Comment(0) | Electron Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする