2019年09月28日

RC5Bでアンプを作ろ〜。

すっかり秋めいてまいりましたね〜
金木犀の香りが何処からともなく漂ってきます。

さて前回の、RC5Bでアンプを作ろ〜。の続きです。
とりあえずの回路図を描いてみました。
RC5B_Single_Amp.png

出力管に使うRC5Bですが、この球、背が低いので、見た感じ的に初段に何を使うか少し迷いました。
よく使う“12AX7”や“U7”などは、RC5Bと比べると背が高すぎ、見た目のバランスがイマイチです。
で、初段用の背の低い球を探しました。
そして選定したのが、“5670”という球。

P9150130.jpg

中程度の増幅度のユニットが2個入った、双三極管です。
各ユニットを左右Chに振り分け、初段管は1本で済まそうという魂胆です。

RC5Bという球ですが、ヒーターが切れやすい!!と云う厄介な特徴(?)があるらしく、ヒーターは、電源トランスの14.5Vタップから、37.5Ω抵抗を直列に入れて点火しています。(75Ω2個パラ接続で、37.5Ωとしています)(ヒーターは、12.6V/80mAです。)
また、元々高周波用途の球のため、グリッドに直列に抵抗を挿入し、発振防止を図る、カソードバイパスコンデンサは100μF以下が無難との話があります。

さて、作製の方はと云うと、とりあえず、シャシの加工から初めています。
使用したシャシは、タカチのYM200というシャシ、というか、アルミケースですね。

P9270134.jpg

上面の穴開け加工が終わったので・・・
P9280132.jpg
P9280133.jpg
パーツ類を取り付けて様子見。
・・・Lラグ多用しています・・・中古の。
初段管に背の低い球を選んだとは云え、RC5Bと比べるとやはりノッポです・・・
ので、ソケットを落とし込んで取り付け、高さを揃えることにしました。

・・・ここまでくると、
球を取り付け、眺めたくなります・・・
P9280135.jpg

P9280139.jpg

やっぱり、見た目の愛嬌感(?)がイイ感じです。
posted by うえいど at 22:21| Comment(0) | Electron Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

変わり球、入手。

 少し変わった球が入手出来ました。
P9190140.jpg
P9150128.jpg

RC5B。と云う名のなんか面白い形の真空管。

ス、、、スライムのような、、、

五麟貿易さんで、セールで@¥700-
専用のタイトソケット(@¥600-)と一緒に、各4個購入。

こんなナリで(?)プレート損失が5Wあり、小出力なアンプなら出来そうな気がします。

と云うことで、RC5Bアンプを作ろう。と思い立っているここ最近です。
どんなアンプができるか?ちょっと楽しみ〜


posted by うえいど at 22:06| Comment(0) | Electron Craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする